法務省主催「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」で当社中村が発表

法務省から要請があり、10月15日(月)に開催された「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」で当社代表の中村が現状及び展望を発表しました。

法務省が設立した「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」は、日本国民および外国人双方の視点で意見聴取を実施し、外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策を検討することを目的としています。その重要なテーマの一つが「留学生の就職支援」であり、外国人留学生が日本型就職活動に関して直面する課題を具体的事例を挙げて説明しました。

当日の資料は、出入国在留管理庁のホームページ上にも掲載されています。(第3回検討会ー関係者ヒアリング結果概要の27~43ページ)

「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策検討会」もあわせてご覧ください。

最新の情報を集め、適切に活用することが外国人雇用成功の鍵

外国人雇用のコツをMICHIにて紹介
外国人雇用を成功に導くコツについて事例を引用しながら解説します。日本語力不足によるミスコミュニケーションや価値観・文化の違いによる社員同士の衝突などを解決する実践的な情報を豊富に掲載。