「人材成長の追求と人材価値の創造」を目指して。

ー 外国人材採用に興味を持ったきっかけ

Sociariseの強みは、あらゆる悩みを一気に解決できること。香川県高松市に本店を置く株式会社i-LinkもSociariseの支援により外国人材の戦力化に成功している。
「最初は漠然とした興味でした。『外国人と一緒に会社作ったらどうなるんやろ?』って。でも、外国人との接点なんてあまりなかったから、具体的にはイメージできなかったんです。」
同社の岸本社長はこう語る。実際、多くの日本企業は言葉としての外国人を耳にしても、直接接する機会は多くない。
「とりあえず、情報を集めようと思って、ビジネスで信頼の厚い人に聞いて回ったんです。外国人採用に詳しい人を。そこで紹介を受けたのがSociariseさん。」

ー Sociariseの印象は?

「とにかく“すごい!“の一言です。何を聞いても答えが返ってくるし、過去に実績のないことでも『やったことないですが、できると思うので一緒にやりましょう!』と、とことん付き合ってくれる。」
新しいマッチング事例を生み出し続けていかなければ「社会を盛り上げる(=Sociarise)」ことができない。だから、Sociariseは0→1にこだわる。そこで蓄積された経験や知見は、幅広くて奥深い。i-Link社に限らず、数多くの企業の第一歩を支援してきた。加えて、採用後の育成、活躍、事業づくりにまで携わる。

「Sociariseさんから紹介を受けて最初に採用したのはタイ人の女性でした。彼女は京都の日本語学校に通っていたのですが、他社とは全く違う人材紹介のアプローチで驚きました。『今、岸本社長が想定している仕事内容であれば、日本語能力試験の合否はそこまで重要ではないです。まず会ってみて雰囲気と人柄で採りましょう。だから筆記試験はやらないでください。せっかくの良い人材を落としてしまいます。』これがSociarise中村社長の言葉でした。」
会社で活躍できるのは誰か?それを問うとき、日本語能力試験N1に合格していることは本質的な採用条件ではない。日本人でいうTOEICなどと一緒で、単なる“語学知識“は実務に堪えない。むしろ、限られた単語や文法知識でも必要な情報のやり取りができる“言語運用センスの良い人間“を採るべきと中村は判断したのだ。

「ビザ変更のときにも驚きがありました。最初、自分で見つけた行政書士の先生に依頼をしようと思って問い合わせたのですが、『日本語学校に通っている留学生は、技術・人文知識・国際業務のビザを取得できない』と言われてしまったんです。急いで中村社長に連絡しました。そうしたら落ち着き払って一言『大丈夫です。任せて下さい。弊社紹介の人材は、在留資格取得率99%超えていますので。』と。」
年間、Sociariseは直接支援でおよそ200名、間接支援も含めると500名を超える外国人の就職・転職支援に携わっている。そのうち、在留資格の新規取得や変更、更新手続きで不許可になるのは、ほんの2〜3件だ。実務経験豊富な専門家集団との連携により、成功率を限りなく100%に近づけている。

ー 採用した外国人材はどのような活躍をしている?

「現在、弊社はタイ人とベトナム人の2名を採用しています。イベントの企画や準備、対人接客が主な仕事で、ときどき通訳・翻訳や事業計画にも携わってもらっています。彼女たちの活躍ぶりに満足しているので、今も外国人の採用を続けています。将来的に外国人の比率を半分にまで高めようと考えています。」

「実は、香川にある他の会社さんにもSociariseさんの話をしていて、外国人採用に乗り出したところもあります。口々に『大阪とか東京から香川に来てくれるの?』って言いますが、そういう人を見つけてこれるのがSociariseさんの実力。私自身、大都会から呼び込むコツをこっそり教えてもらいました。最近では香川県内の留学生支援にも一緒に取り組んでいます。」

ー Sociariseはこう考える

“〇〇人“という漠然とした抽象概念のみでSociariseは人を見ない。大まかな傾向を理解するために知識としておさえておくことは重要だが、あくまでその人の一属性に過ぎない。眼の前にいる人を一個人として尊重し、耳を傾け、その人自身の本音を引き出すからこそ、国籍や文化等の違いをこえてズレのない人材を選び抜くことができる。そして、会社と人とのマッチングにおいて、最初からピッタリはまることはほぼないと認識しているからこそ、互いに想い合えるような調整の仕方を重視している。適切なパートナーがいれば、外国人材と一緒に働くことは、ごくありふれた一つの人材戦略になり得る。