茨城県初、オーストラリア人にスタートアップビザを付与

原文を読む
[出典:茨城新聞クロスアイ(2020.9.9) https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15995649156838]

この記事の要約

茨城県は8日オーストリア人男性に「外国人企業活動促進事業」(スタートアップビザ制度)による在留資格を付与した。同制度は最長で1年間の在留資格が与えられ、「経営・管理」の在留資格の要件を満たしていなくても、起業に向けた活動を可能としている。

コメント

外国籍の優秀で意欲ある人材が起業しやすいよう、在留資格面で支援するこの動きは素晴らしいと思います。一方、起業初期には日本企業への営業がうまくできず悩んでいる方としばしばお会いするので、見込み顧客とのビジネスマッチングや展示会への無料出展など営業面のサポートも加わると、制度がより良くなりそうです。
この制度を利用することで、外国人材が日本で起業しやすくなり、優秀な外国人材の日本定着に繋がると思います。まだ、限られた自治体でしか申請できないようですので、広く浸透してほしいです。

貴社の外国籍人材登用を成功へと導きます。

年間500名以上との面談を行うソーシャライズが、貴社の外国籍人材採用、育成、活躍、定着をワンストップで支援いたします。
以下より弊社のサービス資料をダウンロードできます。