茂木外相の外国出身の記者への対応に批判の声が


原文を読む
[出典:BuzzFeed(2020.9.1)https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/moga-motegi]

この記事の要約

茂木敏充外務大臣が8月28日の記者会見で、日本語で質問をしている外国出身の記者に対し、英語で聞き直したり、「日本語わかっていただけますか?」などと述べていたことが、SNS上で批判を集めている。

コメント

記者の方が「日本語でいいです。そんなに馬鹿にしなくても大丈夫です。」と不快に感じた意思表示をしているので、茂木外相は馬鹿にする意図なく発言したとしても、相手を不快にさせてしまった事実に対して謝罪し、即座に関係性を回復する異文化コミュニケーション力を発揮していただきたかったところです。ミスコミュニケーションはどこにでも起こりうるものなので、それ自体を批判することは的外れですが、その後の対応についての批判は妥当でしょう。
同記事内のアンケート調査からも分かる通り、日本の多文化共生は課題がたくさん残っているので、彼らの声を真摯に聞き、一緒に決まりごと作っていく姿勢が重要です。

高度外国人材応援コミュニティ「WEAVE」に加入しませんか?

外国人の日本における「働く」「学ぶ」「暮す」を応援するコミュニティ「WEAVE」のメンバーを募集中です。
多文化共生への新しい時代を学校、企業、自治体などで一緒になって紡ぎましょう!
※コミュニティの健全な発展のため、加入には事務局による審査がございます。