コロナ禍の救世主は日系ブラジル人


原文を読む
[出典:livedoor news(2020.8.6)https://news.livedoor.com/article/detail/18693538/?p=2]

この記事の要約

コロナ禍の影響で、日本国内の外国人労働が減ってきている。そこで、日本に20万人以上居住している日系ブラジル人に注目しよう。日本が世界の中で生き抜けるように、彼らが親日感情や日本とのつながりがあるうちに、彼らと協力していこう。

コメント

日本国内の外国人労働者不足の話から、いきなり日本・ブラジル関係の話に飛ぶところ興味深い記事でした。文章の最後の「ブラジルの親日感情や、日本への敬意がまだあるうちに。」という皮肉がなかなか興味深いです。相手の好意を利用し、自己利益を追求していく姿勢の行き着く先を暗示しているかのようです。
中国やベトナムにとって、日本都合の低賃金の雇用条件は魅力的でなくなってきているため、今後はラオスやカンボジアなど本国の収入条件がより低い国をターゲットにしていくとのことです。そうではなく、日本側の雇用条件を見直さないと、どこの国のからも労働者が来なくなってしまうという危機感を感じます。

貴社の外国籍人材登用を成功へと導きます。

年間500名以上との面談を行うソーシャライズが、貴社の外国籍人材採用、育成、活躍、定着をワンストップで支援いたします。
以下より弊社のサービス資料をダウンロードできます。