東京圏の外国人の人口増加数が初めて日本人を上回る

原文を読む
[出典:日本経済新聞(2020.8.5) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62324060V00C20A8L83000/]

この記事の要約

総務省が8月5日に発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(2020年1月1日時点)で、東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)の外国人を含む人口は3675万4193人と前年比で0.37%増えた。外国人の増加数が大きく、調査対象に加わった12年度以降初めて日本人を上回った。外国人の増加数の要因として、海外からの企業誘致などの取り組みが影響している。

コメント

外国人材の多くは、利便性がよく、生活する上での情報量も多い東京圏で生活することに魅力的に感じているようです。今後、現状の東京圏一極集中を改善し、地方が外国人にどのようにアピールしていくか注目です

留学生の就職支援のため、WEAVE加盟校増えています。

留学生の就職支援のため、高度外国人材応援コミュニティWEAVEに参画する学校が増えています。
WEAVEを使うと、一人ひとりの学生に対して留学生専任キャリアアドバイザーが面談を行い、就職に向けた適切なアドバイスと求人情報を定期的にお届けします。
また、学校の就職支援担当者は、学生の就職活動状況をWEAVEに記録・管理することができ、卒業までの就職支援策について職業紹介のプロに直接相談することができます。
詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。