内閣府主催「規制改革推進会議 第7回保育・雇用ワーキンググループ」招聘及び発表

内閣府から要請があり、2月19日(月)に開催された
「規制改革推進会議 第7回保育・雇用ワーキンググループ」で当社代表の中村が現在の外国人材採用及び今後の展望等を説明致しました。
当会議の取り組みの重要なテーマの一つが「日本でのキャリア形成を目指す若手外国人材の雇用環境整備」であり、国境を越えたキャリアパスを望む留学生などの採用・活用の検証を行っています。
「外国人材に関するヒアリング」という当該テーマでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、株式会社富士通総研経済研究所に続いて、当社が3社目の発表要請となりました。
来日している留学生など高度外国人が日本企業へ就職するための課題や改善点について発表を行い、
参加者からも多くの厚い賛同を得ました。
当日、使用した資料につきましては、内閣府ホームページ上にも掲載されていますのでご高覧くだされば幸甚です。

◆当社が作成した当日の「第7回保育・雇用ワーキンググループ」資料はこちら
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/hoiku/20180219/agenda.html